当ページのリンクには広告が含まれています。

【2023年】モンキーパークプールに持ち込みできるもの!あると便利なものも!

中部地方
スポンサーリンク

愛知県犬山市にある日本モンキーパーク(モンプル)で、プールがオープンしました。

子供たちは夏休みに入り、暑い夏を乗り切るのにプールに行くという方も多いのではないでしょうか。

モンキーパークのプールは、そこまで広くはありませんが、県外から来る方も多く、子連れの方や友達同士で賑わい混雑するほど、人気スポットなのです。

いちちゃん
いちちゃん

何が持ち込みできるのかな?
あると便利なものは何だろう?

始めて行く方は、知りたいことが多々あるかと思います。

そこで今回は、モンキーパークに持ち込みができるものできないものや、あると便利なものを紹介していきます。

 

今回まとめた内容はこちら

・モンキーパークプールに持ち込みができるもの
・モンキーパークプールに持ち込みができないもの
・モンキーパークプールにあると便利なもの
・モンキーパークプール2023年版営業日

 

モンキーパークプールに持ち込みができるもの

モンキーパークプールに持ち込みができるものを紹介していきます。

 

持ち込みができるもの︰飲食物

食べ物や、飲み物の持ち込みができます。

プールサイドの休憩所でのみ食事が認めらています。

プールエリアの入り口あたりに、屋台があり、焼きそばやたこ焼きなどが買えますが、お昼時には30分~60分待ちの行列が凄くて、なかなか購入できません。

暑い中並ぶのは体力的にもしんどいですし、お子さん連れの方もいたら、待てないですよね。

ですので、おにぎりや、軽食、おやつ、飲み物などを持参する事をオススメします。

屋台の食べ物も美味しいので、プラスで買うという考えがいいです。

夏は、クーラーボックスに入れていく事をお忘れなく!

ぱいんちゃん
ぱいんちゃん

飲み物を凍らせていけば、冷え冷えの状態で飲めるよ。

 

持ち込みができるもの︰浮き輪

一般的な浮き輪は、持ち込みができます。

貸出はありませんが、購入はできます。

空気入れも無料で使用できるので、膨らませていない状態で持っていけば大丈夫ですが、混雑時は列ができます。着いたら早く遊びたい!という方は膨らませていくか、空気入れを持参して下さいね。

※浮き輪は長さ2m以上の大きいものは持ち込み禁止となっているので注意して下さい。

 

持ち込みができるもの:日焼け止め・サンオイル

日焼け止めやサンオイルの持ち込みができます。

何度も塗りなおしたりするのも面倒ですし、手も汚れますので、最近では「飲むタイプの日焼け止め」も注目されています。

興味のある方は、チェックしてみて下さいね。

 

持ち込みができるもの:ベビーカー

プールエリアまでベビーカーの持ち込みができます。

小さなお子さんがいる方は、ベビーカーに荷物も乗せれますし、入場門からプールエリアまで坂道もあるのであった方がなにかと便利です。

プールエリアの手前にあるベビーカー置き場に置いておくこともできますが、プールエリア内まで持っていくなら、折りたたんだ状態でなら持ち運びができます。

 

持ち込みができるもの:水鉄砲

水鉄砲の持ち込みができます。

モンキーパークのキャラクターがシャワーや水鉄砲をピューっとかけて遊ぶタイムがあるので、水鉄砲があるとより楽しめます。

遊びタイムの時間帯:11時30分・13時30分

 

持ち込みができるもの:ゴーグル

ゴーグルの持ち込みができます。

ぱいんちゃん
ぱいんちゃん

ガラス製のゴーグルは危ないから禁止だよ!

巨大バケツから大量の水が落ちてくる、プール版の「ジャングルジム」があるので、お子さんは目が痛くならないよう持ってい行くことをオススメします。

 

持ち込みができるもの:ビーチサンダル

ビーチサンダルや、ゴム製クロックスの持ち込みができます。

地面が熱く裸足だと危険な為、持って行った方がいいです。

 

モンキーパークプールに持ち込みができないもの

モンキーパークプールに持ち込みができないものを紹介していきます。

 

持ち込みができないもの:テント・椅子・テーブル・パラソル・キャリーワゴン

テントや椅子、テーブル、パラソル、キャリーワゴンの持ち込みはできません。

休憩の場所を確保するため、場所取りをする方が多いと思いますが、レジャーシートを広げるか、有料の「グリーンシート」や「パラソルシート」の休憩エリアがありますので、そちらを利用して下さい。

【グリーンシート料金】

1階席2階席
平日6,000円5,000円
土日祝
8/5~8/15
7,000円6,000円

【パラソルシート料金】

平日2,000円
土日祝
8/5~8/15
3,000円

 

いちちゃん
いちちゃん

長時間いるなら考えてみてもいいかもね。

 

持ち込みができないもの:日傘

日傘は持ち込みはできません。

屋外なので、母は日傘が必須ですが、通行の邪魔になったり、プールの監視員さんの視界の妨げになるので、使用が禁止されています。

ですので日焼け対策としては、帽子付きのラッシュガードを着ていくといいです!

 

持ち込みができないもの:長さ2m以上の浮き輪

長さ2m以上の浮き輪は持ち込みはできません。

一般的な浮き輪の持ち込みはできます。

 

持ち込みができないもの:ヒールのある履物

ヒールのある履物は持ち込みはできません。

ビーチサンダルや、ゴム製のクロックスを使用しましょう。

 

持ち込みができないもの:アクセサリーのとがった装飾品

アクセサリーのとがった装飾品は持ち込みはできません。

ひっかかったりすると危ないので、外していくのがいいです。

 

モンキーパークプールにあると便利なもの

モンキーパークプールに、これがあると便利!なものを紹介していきます。

参考までにご覧ください。

 

【これがあると便利!】

・レジャーシート
・タオル
・防水ケース
・うちわ、扇子
・携帯用扇風機
・ウエットティッシュ
・汗拭きシート
・ラッシュガード
・日焼け止め
・帽子
・ビニール袋
・絆創膏
・塩分チャージタブレッツ
・水遊び用オムツ(小さいお子さんがいる場合)
・前売券

レジャーシート:無料の休憩所もありますが、すぐに埋まってしまうので、着いたら1番に場所取りをするのがオススメです。その後ゆっくり水着に着替えて下さい。

防水ケース:スマホも入る大きさもあるので、小銭と一緒に入れて持ち歩きができるので便利です。

ラッシュガード:日差しが強いので、家族全員分のラッシュガードを準備していくのがいいです。

塩分チャージタブレッツ:熱中症対策にオススメのタブレッツです。

子供も大人も素早く塩分を補給できます。

水遊び用オムツ:オムツが外れていないお子さんでも、水遊び用のオムツでしたら、プールに入れますので、何枚か持っていくといいです。

前売券:窓口での購入は混雑しますので、事前に購入していくとスムーズに入れます。

「アソビュー!」の公式サイトや、コンビニでチケットの購入ができます。

 

モンキーパークプール2023年版営業日

モンキーパークプール2023年版の営業日は下記の通りです。

 

【2023年版営業日】

・7/8(土)・7/9(日)
・7/15(土)~8/31(木)
・9/2(土)・9/3(日)
・9/9(土)・9/10(日)

【プール営業時間】

7月~8月は9:30~16:00
9月は9:30~15:00

 

まとめ

今回は、日本モンキーパークプールでの持ち込みについてまとめていきました。

子供は1日中遊びますので、適度に休憩をとったりして熱中症対策に気を付けながら遊んで下さいね。

浮き輪や、水鉄砲、ゴーグルがあるとより楽しめると思います。

小さいお子さんも、浅瀬のプールがあるので、じゃぶじゃぶできて喜びますよ。

紹介した持ち物を参考にして、夏を楽しんで来てくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました